別 名
所在地 埼玉県川越市砂久保
築城者 上杉憲政
築城年 天文14年(1545)
廃城年 天文15年(1546)
現 状 稲荷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 川越市指定史跡
評 価
 天文14年(1545)に河越城を囲んだ上杉憲政が構えた陣所である。圧倒的多数の上杉氏と古河公方の連合軍だったが、翌年の河越夜戦で大敗を喫して憲政は衰退の一途をたどり、上州から越後へと逃亡し長尾景虎を頼ることになった。
 ここを訪れたのはずいぶんと昔のことになった。まだフイルムのカメラを使っていた頃で画像が古めかしい。河越城を攻囲した上杉憲政が布陣した陣所のため当然ながら遺構はないが町外れの稲荷神社に案内板が設置されている。川越にはよく訪れたものだが昭和の頃は畑ばかりだった風景は一変して今は宅地ばかりとなった。
東武東上線「新河岸」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/03/12