別 名
所在地 埼玉県川越市下新河岸
築城者 諏訪右馬亮
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 日枝神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 寺尾城が登場するのは新編武蔵風土記稿で戦国時代に北条氏の家臣だった諏訪右馬亮の居城としている。寺尾、上新河岸、下新河岸の3つの村にまたがり3つの郭と土塁が残ると記している。
勝光寺 日枝神社 新河岸川河岸跡
 新河岸駅からバスも出ているが歩いてもそれほど時間はかからない場所に寺尾城はある。もちろん所在地が確定していない城なのであくまでも候補地である。場所も曖昧で案内板などもないので何度か物見遊山で訪れている。まだ子供が幼稚園に入ったばかりの夏に連れていった。新河岸川を泳ぐ鯉を眺めたりトンボを追いかけたりして楽しい時間だった。
 今は明確な遺構は残っておらず土地の段差や高低差に目を向けるぐらいのことしかできないが、日枝神社あたりは何となく城跡らしい感じがしないでもない。勝光寺も城域に入れるとあまりにも広大すぎてとても土豪の居城という範疇には収まりきれないように思う。
東武東上線「新河岸」下車 シャトルバス「埼玉医大」行で「旭橋西」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/15・2016/12/06