別 名
所在地 埼玉県川越市下老袋
築城者 道祖土康成
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 下老袋農民センター付近
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に北条氏の家臣となった道祖土下総守康成の居城である。康成は元亀元年(1570)に没したが老袋城はその後も道祖土氏が居城としている。
老袋城付近 玉泉寺跡 鬼門除けの社
 道祖土氏の居城はその所在地すらわからなくなっていた。このあたりは川が近く水害対策のために屋敷地が嵩上げされているため、どこの邸宅も城館らしい地形に見える。何も残らない城跡を歩き回りいろいろと探してみたが確証は得られなかった。
 最初に訪れてから18年が過ぎた。もう一度だけ老袋城を探ってみようと思い再訪してみた。比定地については諸説あるが下老袋農民センター付近が有力となっている。城跡付近には玉泉寺があったことも手掛かりのひとつとなるが玉泉寺は廃寺となり墓地だけが残されている。北東の鬼門にあたる場所には社があり、城域の北側に相当するあたりには水路があるが、これが老袋城の遺構なのかはわからない。
JR川越線「南古谷」下車 シャトルバス「総合福祉センター」行で「東本宿」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/02/23・2020/12/14