別 名
所在地 埼玉県入間市木蓮寺
築城者 金子家忠
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 瑞泉院
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 金子氏は村山党出身で平安時代末期に源氏の郎党として活躍した金子十郎家忠を出している。平氏追討の戦いで金子氏は一族挙げて源氏のために働いたが、その軍功によって金子一族は多くの所領を与えられて諸国に散らばった。
瑞泉院 金子十郎家忠の霊堂 墓所周辺の地形
 源平争乱の時代に活躍した源氏の家人金子十郎家忠の館は瑞泉院となっている。谷戸の地形を利用した居館だったが大規模な墓地の造成で地形は大きく損なわれている。航空写真を見ると昭和40年代にはもう館のかたちはつかめなくなっていた。
 12年ぶりに何も残っていない家忠の居館跡を訪ねてみた。飯能市から阿須山を越えて白髭神社へ下山し青梅へ抜けるべく歩いている。途中で八高線の金子駅を見たくなり立ち寄ったが、国鉄時代の趣のある木造駅舎は無機質な新しい駅舎へ建て替えられていた。少し気持ちが沈んだが時代の流れには逆らえない。つまらないとは思うが楽しい時代は自分の胸に刻み込んでおけばいい。金子一族の墓所は当たり前だが昔のままだった。広大な墓地を見ているとそのうち日本は墓で埋め尽くされてしまうのではないかという気分になる。
JR八高線「金子」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2007/01/25・2019/01/18