別 名
所在地 埼玉県入間郡越生町黒岩
築城者 黒岩有光
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 五大尊
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 越生有平の子黒岩次郎有光が児玉党黒岩氏の祖である。戦国時代には黒岩民部少輔顕秀がいたことがわかっているが黒岩氏のことについてはそれぐらいしかわからなかった。
五大尊 土塁状の地形
 ツツジの名所として知られる五大尊が児玉党黒岩氏の居館である。最初はちょうどツツジの季節でけっこうな人で賑わっていた。二度目は雪がちらつく日で越生氏の居館跡を探し歩き詰め城の高取山城へ登ったあとだった。梅すらもまだ咲き揃わない日で耳が千切れるほど寒かった覚えがある。
 館跡の遺構は消滅しているが越生町の定番でもある銀色の標柱が建っている。五大尊の駐車場の近くだったと記憶しているが土塁らしい地形が残っていた。古い航空写真も眺めてみたがこれが遺構かは自分にはわからない。
東武越生線・JR八高線「越生」下車 徒歩25分
武蔵武士/有峰書店新社
2005/05/01・2010/02/17