別 名 吉見御所
所在地 埼玉県比企郡吉見町御所
築城者 源範頼
築城年 平安時代末期
廃城年 永仁4年(1296)
現 状 息障院
遺 構 空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 源範頼は源義朝の六男として遠江国蒲御厨で生まれたため蒲冠者と呼ばれた。平治の乱で父や兄が討たれ源氏の縁者の捜索が始まると、範頼は養父の藤原範季のもとで養育されたとされる。その少年時代から青年期にかけてを過ごしたのが吉見なのだろう。
 兄の頼朝と弟の義経に挟まれて目立たない武将であり小説などでは暗愚な将という扱いを受けることすらある。大人しい印象を受ける人だが意外と短気な面があり合戦でも水軍を率いて平氏と対等に渡り合っている。義経だけが脚光を浴びているが範頼の力があったればこそ頼朝は武家政権の長になれたと思う。
息障院 空堀 空堀
水堀 水堀 水堀
 範頼が少年時代を過ごした居館跡を訪ねたのは初夏の暑い日だった。館跡の印象はあまり残っていないが堀底をぐるりと歩いたことは今もよく覚えている。幼年期は吉見観音の稚児として過ごしたとされているから、この館で暮らすようになったのは十代後半になってからだろう。北本市の石戸にも範頼伝説が残っているが吉見町とは近いので往来していたのかもしれない。青年期にもなれば周辺の土豪が自分の娘に範頼の伽をさせたとも考えられ、伊豆の頼朝と同じくここでも源氏の御曹司としての扱いを受けていたと思う。その最期もよくわかっておらず、伊豆へ流刑となり修善寺で死んだとも四国へ逃亡したとも言われている。
東武東上線「東松山」下車 川越観光バス「免許センター」行で「久保田」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・武蔵武士/まつやま書房
2007/05/26