別 名
所在地 埼玉県比企郡滑川町山田
築城者 小高大和守
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 武蔵丘陵森林公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山田城の明確な歴史はわからないが伝承では成田氏の家臣小高大和守と贄田摂津守の名が伝わる。忍城を拠点としていた成田氏の勢力範囲がここまで及んでいたことに驚くが岩槻城も成田氏の築城という説が濃厚となっている。滑川町の隣は熊谷市だからあり得ないことではない。
山田城 土塁と空堀 土塁と空堀
土塁 虎口 土塁と案内板
土塁と空堀 土塁と空堀 土塁
 武蔵丘陵森林公園の中にあって見事な遺構を残している。森林公園は小学校の頃から遊びに来ていたが園内に城があることを知らなかった。休日であればいつも多くの人で賑わっているがここに城があることを知らない人がほとんどだろう。
 単郭の城だが遺構の状態はとても良い。楕円形の郭を土塁と空堀が囲んでいる。郭内部に仕切り土居がわずかに残っているがこれだけ狭い城をどのように区画していたのか興味をそそる。北東の坂虎口の脇から横堀が伸びている様が美しい。
東武東上線「森林公園」下車 国際十王バス「森林公園南口入口」行で終点下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2006/09/16・2008/10/19・2009/03/19・2010/04/25