別 名 国済寺館
所在地 埼玉県深谷市国済寺
築城者 上杉憲英
築城年 室町時代
廃城年 康正2年(1456年)
現 状 国済寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 深谷市指定史跡
評 価
 初代鎌倉公方となった足利基氏の執事を務めた上杉憲顕の子陸奥守憲英が庁鼻和城を築いた。庁鼻和上杉氏は4代続いたが康正2年(1456)に上杉房憲が深谷城を築いている。こうして庁鼻和城は深谷城の支城となったが戦国時代まで存続したのかはわからない。日本城郭大系では上杉禅秀の乱で庁鼻和城の存在意義は失われたと記している。
国済寺 境内の築山 上杉憲英墓所
 落ち着いた雰囲気が好ましい国済寺は庁鼻和上杉氏の居城が置かれた場所である。最初に訪れたのはまだ昭和の頃で自分は高校生だったが、それがいつのことなのかはもう忘れた。おそらく3年の長い春休みを利用して深谷城や東方城を訪ねたときだったと思う。
 今も国済寺の境内北西に土塁の一部が残っている。本堂の裏にも櫓台のように大きな土塁が残るがこれは古墳か築山かもしれない。境内を散策すると上杉憲英の墓所が残されていた。城の範囲は外郭を備える広大なものだったが市街化によりほとんどわからなくなっている。深谷市内は中山道に沿って多くの城館が点在しており歩くのが楽しい街だった。
JR高崎線「深谷」下車 国際十王バス「熊谷」行で「幡羅中学校」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/04/14