別 名 四方田堀ノ内
所在地 埼玉県本庄市四方田
築城者 四方田弘長
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 光明寺・宅地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 児玉党の庄三郎弘長がこの土地に居住し四方田氏の祖となった。源氏の家人として活躍し文和元年(1352)の武蔵野合戦で四方田氏は新田義興に従い戦った。戦国時代まで四方田氏はこの土地を守り続けており子孫は北条氏の家臣となった。余談になるが四方田氏の末裔に明智光秀の家臣四王天政実がいる。本能寺の変で森蘭丸を討ち取った豪傑で光秀の命により四王天に改姓している。光秀没落後は青木氏に仕え最後は結城秀康に招かれた。
水堀 水堀
 四方田氏の居館を訪ねたのは暑い夏の日だった。突き抜けるような夏空が印象に残っている。光明寺を中心に内堀と外堀が残り今も末裔が居住している。8百年もの長い間に亘りずっと同じ場所に根を下ろしているのは素晴らしいことと思う。
 夏の屋敷森から陽射しが差し込む水堀がとても美しかった。四方田氏宅を中心として副郭を擁していたような縄張りであるが今も個人の邸宅のために内部へ入ることはできない。外郭にそって明確な遺構が残るのでそれを見るだけで十分だった。郭内にある光明寺には四方田氏の墓所が残っている。
JR上越北陸新幹線「本庄早稲田」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2010/07/18