別 名
所在地 埼玉県行田市須加
築城者 須賀氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 長光寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代には須賀弥太郎が承久の乱に参戦しており南北朝時代には足利氏の家臣に須賀左衛門尉の名が見える。永享12年(1440)に一色伊予守は武州北一揆とともに須賀土佐入道が守る須賀城を焼き払い、大永2年(1522)以降は古河公方と北条氏との間で須賀城を巡る攻防戦があったとされる。一度は焼き払われた須賀城が60年後には再び巨大勢力間で争奪戦が展開されているところを見ると利根川の渡河地点を抑える重要な場所だったことがわかる。戦国時代末期の当主須賀修理亮は成田氏に仕えており天正18年(1590)の小田原討伐で石田三成らを主力とする豊臣軍の軍勢が攻め寄せたときに修理亮は忍城に詰めていたという。この後に須賀城も廃城となったことだろう。
 須賀城は駅から遠いこともあり行けなかったが友人と車で真夏に訪れることができた。城跡は長光寺と須加小学校になっているため遺構はないが長光寺の参道脇に石碑がある。地形がよく残っており航空写真でみると城のかたちが一目瞭然でわかる。
 須賀というのは川が運んだ土砂が堆積した砂丘を意味する。尾張の蜂須賀城や遠江の横須賀城もそういった場所を利用して築かれたのだろうと思う。冒頭で述べたように須賀城の遺構はもう失われているが須加小学校の土地は少しだけ高くなっている。砂が堆積した土地に城が築かれたときに突き固められ今はそこに文教施設が建っているのが何となく面白く感じた。
秩父鉄道「行田市」下車 行田市内循環バス「須加公民館」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社
2012/07/31