別 名 高城
所在地 埼玉県大里郡寄居町用土
築城者 藤田康邦
築城年 天文15年(1546)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代から大里郡を支配してきた藤田氏だったが天文15年(1546)の河越夜戦で仕えていた山内上杉氏が北条氏に敗れると藤田康邦は北条氏康に降伏し氏邦を養子に迎えるという屈辱的講和を余儀なくされた。氏邦に家督と居城を譲った康邦は用土新左衛門と名乗り用土城を築いて自らの隠居城としている。子の弥八郎重連は沼田城代となったが天正6年(1578)に氏邦に殺害されている。戦国の世を渡り歩いた藤田信吉は康邦の一族であるが北条氏から離反して武田氏に仕えた後に上杉景勝に仕えた。慶長5年(1600)に景勝のもとを出奔し徳川家康に景勝謀反の報をもたらした人物として知られている。
用土城 城址碑
 雉岡城と猪俣小平六範綱館などを訪ねたときに立ち寄ったのが用土城だった。八高線は本数が少なすぎてあまり役に立たないので児玉駅から延々と歩いての城館探訪となっている。まだ陽射しが強く汗ばむような日だったと記憶しているが、この頃はまだ自分も若かったので暑さに負けることなく歩き通している。
 用土城については遺構がないことは百も承知で訪れた。城跡はやや微高地となっていて近世城郭の櫓を模したような建物がある。これは寄居町の農業ふれあいセンターだが城跡ということを意識して建造されたと思う。立派な石碑が建っているのだが木陰から日光が差し込むために文字の判読が不鮮明な写真ばかりとなってしまった。
JR八高線「用土」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2007/10/05