別 名
所在地 埼玉県春日部市金崎
築城者 石川幸道
築城年 戦国時代末期
廃城年
現 状 宅地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 松伏に石川民部屋敷があるが旧庄和町の石川氏はその分家であり、初代の石川民部幸道がこの土地に屋敷を構えて周辺の開拓に従事したという。つまりは近世の名主階級という家柄だったのだろう。
石川屋敷 水堀 水堀
 石川氏屋敷に訪れたのは青々とした快晴の日だった。時分が訪れたときは屋敷跡を囲む水田には水が張られ田植えが始まった頃だった。中世の土豪屋敷の雰囲気をよく残しており屋敷の周囲には草に覆われていたものの素晴らしい水堀が残っていた。埼玉県内にはこうした豪農屋敷が今も多く残されているが、その風景はとても良いもので訪れる者を過去に呼び戻してくれるような気持ちになるものだった。
 おそらく石川氏屋敷はもう破壊されてしまったと思う。自分が訪れた石川氏屋敷は話に聞いていたとおりの美しい風景で中世の豪族屋敷はこういうものだということを教えてくれた。いつまでも残したい風景だと思っていたが、それから数年後に航空写真を眺めていて屋敷跡が開発されていることを知った。屋敷森は伐採され江戸時代の建築だった母屋もすべてなくなっていた。水堀も埋められて更地になり開発に晒されるのを待っているという姿だった。貴重な郷土遺産として保存をすれば良いものを4百年もの長い時を経て受け継がれてきたものを無神経に壊すという考え方が時分にはわからない。
東武野田線「南桜井」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2015/05/05