別 名 野口氏館・馬場堀ノ内
所在地 埼玉県蓮田市黒浜
築城者 野口多門
築城年 室町時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 新井堀ノ内は岩槻太田氏に仕えた野口氏の館だったと伝わり今もその末裔が暮らしている。
案内板 堀底道 北側の水田
 平成29年の暮れに行われた発掘調査で大甕に入った埋蔵銭が出土したことで一躍有名になった。蓮田市内には堀ノ内と呼ばれる城館跡がいくつか存在し伝承すら残っていない場所が多いが、新井堀ノ内についてはある程度の歴史がわかっている。
 堀ノ内と称される場所は農地というか草原になっていたが道路が建設されることになり発掘調査が行われた。結局は破壊されてしまうのだがそのおかげで埋蔵銭が発見された。堀ノ内の範囲はもう少し広く捉えてみてもいいと思う。雑木林の中に続く道はあたかも空堀のようで道を抜けると細い谷戸があり小さな川が流れている。北側に残る水田は水堀のようにも見えた。
JR宇都宮線「蓮田」下車 朝日自動車バス「パルシー」行で「宿下」下車 徒歩3分
日本城郭大系/新人物往来社
2018/10/29