別 名
所在地 埼玉県児玉郡美里町南十条
築城者
築城年
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 十条条里制遺跡という古代の条里制集落跡があり、古い時代から人が暮らし開拓されていたことがわかる。新倉館は室町時代の遺跡と推定されているが伝承などは残されていない。
 室町時代の居館跡と推定される新倉館だが何も残っていない。県道沿いに十条条里制遺跡の石碑と案内板が建っている。案内板には条里制遺跡の古い航空写真があり、そこにはっきりと堀に囲まれた中世居館の姿が浮かび上がっていた。現地を歩いてみても広大な田畑が広がるだけで居館らしさは感じられないが、航空写真を頼りに歩いてみると一部だけ他とかたちの違う田畑があった。夕陽でオレンジ色に染まる部分が堀跡に相当する。城館探訪というより測量をしているような気持ちだったが本当に奥が深い趣味だと思う。
JR八高線「松久」下車 武蔵観光バス「本庄駅」行で「阿那志火の見下」下車 徒歩25分
十条条里制遺跡案内板
2012/02/18