別 名
所在地 埼玉県深谷市本田
築城者 本田親常
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代に畠山重忠の家人として活躍した本田次郎親常の居館が構えられたとされる。元久2年(1205)に北条氏によって謀反の嫌疑を着せられた重忠は二俣川の戦いで討死したが、そのときに本田親常も戦死を遂げている。嫡男の太郎義房は畠山重保の家人となっていたが重保が北条時政の意を受けた三浦義村に討たれた後、建暦3年(1213)の和田合戦に参戦し北条氏の軍勢と戦い戦死した。本田氏の一族すべてが粛清されたことはなかったようで戦国時代には本田長繁が北条氏に仕えており子の長親は天正18年(1590)の小田原城の戦いで籠城軍に加勢している。
石碑 土塁と空堀 土塁と空堀
空堀 空堀 館跡内部
 地図にも載っていないため探すのに苦労すると覚悟していたが、道路沿いに館跡を示す案内板があるので場所はすぐにわかった。今も末裔の人が暮らしており時分が訪れたのもご婦人が庭先から車を出そうとするときだった。館跡の見学を申し出ると笑顔で了承してくれた。
 道路沿いに本田館跡の案内板があったので場所はすぐにわかった。庭先を通らせてもらい屋敷の裏へ回ると立派な構堀と土塁がある。土塁の高さと堀の深さは長年の風化で当時と比べようもないのだろうが今もはっきりわかるぐらい残っている。堀に沿って西に回ると館跡の石碑と小さな社があるが子孫が大切に守り続けた社なのだろう。
秩父鉄道「武川」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社
2005/05/06・2010/04/11