別 名
所在地 埼玉県深谷市武蔵野
築城者 飯塚氏行
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 旧花園町指定史跡
評 価
 猪俣党出身の小前田野三郎信国の弟飯塚掃部氏行が鎌倉時代に構えた館である。
飯塚掃部氏行館 水堀 堀跡
 猪俣党飯塚氏の居館跡へはじめて訪れたのは猪俣小平六館跡を訪ねてからだった。萬福寺付近が飯塚氏の館跡とされ境内にその由来を簡単に記す案内板がある。案内板を信じて本堂の裏にあったとされる空堀を見ようとしたが、何もそれらしいものはなく遺構は失われてしまったと思い込み立ち去った。
 館跡には土塁と水堀が残るとされているので釈然としない気持ちでいた。3年ぶりに再訪したときに友人に水堀のある場所を教えてもらって長年の疑問が氷解した。やはり現地をもっと精査しなければならないことを痛感させられた。館跡は平成元年に旧花園町の指定史跡となっているが、合併後の深谷市文化財一覧を見てもその名は見られない。
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車 武蔵観光バス「本庄駅」行で「北飯塚」下車 徒歩5分
武蔵武士/有峰書店新社
2007/10/05・2010/07/18