別 名
所在地 埼玉県熊谷市上奈良
築城者 奈良高長
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 妙音寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 奈良氏は成田助高の三男高長が大里郡奈良に居住して奈良三郎と称したことを起源とする。奈良氏は貞治元年(1362)の高屋合戦の軍功により細川氏から讃岐に所領を与えられ室町時代まで細川氏の重臣として活躍している。
奈良三郎高長館 妙音寺参道 妙音寺山門
 別府城を見たくなり籠原駅からあちこちに立ち寄りつつ歩いた。まだ桜があちこちに咲いておりとても綺麗だった。妙音寺へ続くあぜ道に奈良三郎の墓と書かれた標柱があった。こうして見るといかにも武士の館という感じがする。肝心の奈良三郎の墓は境内のどこにあるのかわからず見ていない。
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車 朝日バス「妻沼」行で「中奈良」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・武蔵武士/まつやま書房
2006/04/07