別 名
所在地 埼玉県熊谷市成沢
築城者 上杉憲盛
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 静簡院
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 静簡院の案内板によれば大永5年(1525)に山内上杉氏の保護下にあった成澤越前守義佑が甲斐の武田信玄に対抗するために築いたということが記されているが、この年はまだ信玄は幼児であり弟の信繁が生まれたばかりの頃である。日本城郭大系の巻末一覧では天正年間に深谷上杉憲盛が築いたとしているがそうなると今度は遅すぎるように思える。天文15年(1546)の河越城の戦いで山内上杉氏が北条氏に追われた後か上杉憲盛が北条氏の軍門に降り武田氏の侵攻に備えた永禄年間(1558〜70)に築かれた城と考えて良い。
成沢城 静簡院 案内板
土塁 土塁 上杉憲盛の墓
 9月だったが気持ちの良い風が吹き抜ける日に再訪した。過去2度の訪問はいずれも森林公園から自転車を借りて訪れている。交通の便が悪い場所なので車で訪れるのが無難な場所だと思う。
 成沢城の事前情報は遺構がないということだった。実際に訪れてみると静簡院の裏に土塁が残り、空堀の痕跡もそれとなくわかるし古い航空写真で見ると城の輪郭が浮かび上がる。境内には成沢城を築いた深谷上杉憲盛の真新しい墓が建っている。静簡院の案内板は歴史が詳しく書かれているが前述のように誤謬が多い。
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車 
国際十王バス「循環器病センター」行で「ブドー園」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・静簡院案内板
2002/11/15・2013/09/26