別 名 小山朝政館
所在地 埼玉県比企郡滑川町水房
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 水房館は鎌倉時代の武将小山朝政の居館という伝承が残る。下野小山を拠点とした小山氏と比企郡を結びつけるのは無理があり、関東の争乱期に築かれた陣城というのが妥当なところだろう。
 森林公園で自転車を借りての城館探訪は30歳頃のライフワークだった。季節を問わず楽しんでいたことが懐かしい。周辺にはたくさんの城館伝承地があって飽きることがなかった。あの当時はまだ自動車も今みたいに多くなかったので気持ち良かった。
 水房館もその頃に訪れているが山道へ入ろうとしたところでオオスズメバチに追いかけられて逃げ出した。そのために遺構は見ていない。そうしているうちに長い月日が流れ、比企郡の美しい風景も確実に失われつつあった。宅地化や道路建設のみならず省電力の美名の陰で山や丘は崩されて田畑も潰されて真っ黒な太陽光発電に覆い尽くされていく様子が航空写真を見るとよくわかる。僕にはこれのどこが環境保全に繋がるのかまったく理解できない。大地を崩してまで行う値打ちのある事業なのか疑問ばかりが残る。
 とにかく16年ぶりに水房館を訪ねてみようと思い立ち、月輪館へ立ち寄ったあと徒歩で水房館へと向かった。陽ざしが強く少し汗ばむような陽気であるが12月である。さすがに藪も少しは枯れているだろうと思い山へ入ろうとするとスズメバチ注意の看板があった。夏から秋にかけて注意を促すために置かれた看板だろうと思い登ろうとすると、巨大なオオスズメバチの群れが音をたてて威嚇していた。この時期に越冬する場所を探す女王バチが飛んでいる姿は見たことがあるが、普通に営巣している群れを見るのはこれが初めてである。とても山へ入れるような様子ではなく仕方なくあきらめたが、僕はいつになれば水房館へ訪れることができるのだろう。
東武東上線「つきのわ」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2004/10/16・2020/12/01