別 名 大堀館・九条兼実館
所在地 埼玉県比企郡滑川町月輪
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代初期を生きた九条兼実が朝廷内で失脚し隠棲した場所という伝承がある。兼実は月輪殿と呼ばれていたので地名との付会がなされたものだろう。戦前までは堀が完全に残されていたが飛行場が造成されて破壊されたという。
月輪館 空堀 土塁
空堀 土塁と空堀 空堀
 東武東上線のつきのわ駅が開業したのは平成14年3月である。その恩恵に授かって訪れたが開業当初の駅周辺はまだ一軒の民家もなく雑木林があちこちに残っていた。月輪館の周辺も家は建ち並んでおらず適当な場所から入り込んで堀底を歩いた記憶がある。
 航空写真を見ているとつきのわ駅の周辺も宅地開発が進んできていたので月輪館が破壊されないうちにもう一度見ておこうと思った。駅の周りは殺風景なものだったが、月輪館のすぐそばまで新興住宅地が迫っていた。18年ぶりなので以前のことはまったく覚えておらず、今回は南側の私道から入ってみた。特に手入れがされているわけではなく堀底まで草木がびっしりと生えている。やや古い画像が前回のものだが、その違いがよくわかると思う。それでも遺構は健在であり今も土地を所有している旧家が頑張って守り抜いていることがわかる。
東武東上線「つきのわ」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2002/11/15・2020/12/01