別 名 大堀館・九条兼実館
所在地 埼玉県比企郡滑川町月輪
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代初期を生きた九条兼実が朝廷内で失脚し隠棲した場所という伝承がある。兼実は月輪殿と呼ばれていたので地名との付会がなされたものだろう。戦前までは堀が完全に残されていたが飛行場が造成されて破壊されたという。
 東武東上線のつきのわ駅が開業したのは平成14年3月である。その恩恵に授かって訪れたがよく覚えてない。うろ覚えだが遺構は残っていたことは記憶している。航空写真を見るとつきのわ駅の周辺は宅地開発が進んでいる。この館跡もいつ破壊されるかわからないのでもう一度訪れて確かめてみたいと思う。
東武東上線「つきのわ」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2002/11/15