別 名
所在地 埼玉県坂戸市中小坂
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大穴城は中世には既に存在していた城郭だが歴史は不詳である。江戸時代初期には徳川氏の旗本本多秀玄が陣屋を構えている。
曲輪跡 土塁 空堀
 この城跡は2度訪れている。はじめて訪れたときに案内板があることに驚いたが再訪したときに案内板が新しくなってさらに驚いた。坂戸市内は城館跡が多いが、そのほとんどの歴史は伝わらず日々開発で消滅しつつある。案内板が設置されているような場所は稀であり、その意味ではとてもありがたい配慮がされている。
 大穴城の遺構の状態はあまり良くない。団地の建設で半分が失われてしまい残る半分も宅地開発により消え去ろうとしている。最初に訪れたときは雑木林の奥に明確な空堀が残っていたが、再訪したときにはもう失われているようだった。
東武東上線「若葉」下車 坂戸市循環バス「東坂戸団地入口」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・大穴城跡案内板
2002/02/23・2007/11/02