別 名 古寺城
所在地 埼玉県比企郡小川町上古寺
築城者 松本忠真
築城年 治承年間(1177〜81)
廃城年
現 状 採石場・山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小川町からときがわ町へ抜ける往還は慈光寺へ続く裏街道であり、古くからある道であったらしい。古寺砦はこの古い往還の要所である松郷峠を扼す位置に築かれていた。土地の言い伝えによれば治承年間(1177〜81)に松本喜七郎忠真が古寺砦に拠ったという。松本氏は青山城主青木氏の一族とされるが、源頼朝が平氏追討のために挙兵した時代に古寺砦が築かれていたかは定かではない。
 山麓には今も城主一族の末裔と思われる家があり、木の城という屋号で呼ばれているが、古寺砦と腰越城を往来する兵がこの家で松明を受け取ってから登城したことからそう呼ばれるようになったという。そうなると慈光寺がまだ多くの宿坊と僧兵を擁していた戦国時代に古道が通る峠道を抑えるために築かれたと考えたくなる。
古寺砦周辺の風景 氷川神社 尾根道
平場 砦跡付近の現況 松郷峠の旧道
 古寺砦については以前から知ってはいたが、採石で山そのものが失われているということから訪れる機会がなかった。埼玉県の山城も危険を伴う秩父地方のいくつかを除いてはほとんど登り尽くしているので、何もないのは承知の上で古寺砦を訪ねてみた。
 小川町駅から歩いて1時間程度で着く。採石工場があるので平日はダンプカーが行き交うと思い、自分にしては珍しく日曜日に訪れた。小川町あたりの風景も昔と比べると変わったが、少し歩けば以前と変わらぬ美しい里山の風景が残っている。自分の中で比企郡は城跡廻りの原風景とも言える場所なので、東武東上線の車窓から見える景色が山ばかりになるととても落ち着いた気持ちになれる。
 峠道なのでバイクを走らせる人が多いが、気になるほどの交通量でもないので安心して歩くことができた。中心部は削り取られている上に採石工場の敷地内にあるため、北麓から氷川神社へと登ってみることにした。境内はかなり広く南へ尾根道が続いているが、おそらくこれが大手道なのだろう。堀切でもあれば嬉しいのだが残念ながら人工的な遺構は残されていない。それでも平坦になった平場がある。北側は山で遮られていることもあり意識を向けてはいないだろうが、氷川神社が大手曲輪とも言うべき場所ではないかと思う。平場から先へ進めば削り取られた古寺砦の存在した場所に続くのだが、スズメバチが大きな羽音をたてて飛び回っていたのでそこで引き返すことにした。道路に戻り採石工場まで来ると剥き出しになった山肌が痛々しかった。松郷峠から北へ下る旧道は閉鎖されていたので仕方なく元の道をたどり下山した。
東武東上線・JR八高線「小川町」下車 徒歩60分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城/まつやま書房・埼玉の古城址/有峰書店新社・小川町の歴史 通史編
2021/10/03